ニキビ跡は医療の力で治すのが一番!?

20代のころはこの時期になるとニキビができて困った記憶があります。
ビフナイトを塗って寝てましたからね。

仕事を辞めてからはストレスがなくなったおかげか新しいニキビはまったくといって
いいほどできなくなりました。この経験から大人のニキビは100%ストレスと思います。

さて、そうしてニキビができなくなっても残っているのが青春の傷跡というべきか、
ニキビ跡だったりします。炎症が毛穴を傷つけるとできてしまうものです。

ニキビ跡を治す方法はいろいろあります。

大事なのはニキビ跡の種類、症状や状態をよくみて、それにあわせてケア方法や
ケアコスメをアレンジしていくということで、ここを疎かにしてはいけないということです。

私の場合は、美容皮膚科にいってケミカルピーリングとイオン導入という施術を受けた
ところ3ヶ月ぐらいでよくなりました。医療の力は化粧品と比べものにならないぐらい
パワフルで、しかも即効性があります。

化粧品だけで治そうとおもったら半年~1年ぐらいは覚悟しなきゃいけないと思います。
時間をお金で買うという発想は結構大事かな?と思いますよ。

このブログ記事について

このページは、afplink01が2014年5月21日 10:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コレがお勧め!ディセンシア アヤナス」です。

次のブログ記事は「バイトの前は緊張しますね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25