パソコンの捨て方、知ってますか?

パソコンが使えなくなったり、新しいものと入れ替えたときには、古いパソコンは無用の
長物になるわけですが、そのまま粗大ゴミとして捨てるというわけにはいきません。

粗大ゴミと同じように捨てる段取りでいたら、断られてしまったという人もいるはずです。
パソコンを粗大ゴミとして捨てられないのは2003年に資源有効利用促進法、いわゆる
PCリサイクル法が開始されたことを機に、利用しなくなったパソコンも単なるゴミとして
見るのではなく、再利用できる部品をとるように定められたからです。

メーカーが販売しているパソコンを捨てる際には、メーカーに依頼して引き取ってもらう
のが普通です。しかし、自作のパソコンである場合には、それができません。

自作したパソコンを捨てる場合は、パソコン3R推進協会という一般社団法人にお願い
して処理してもらうという形になります。回収を依頼するための連絡先などは、利用して
いるパソコンのメーカーサイトなどに載っていますので、確かめてみてください。

それからパソコンを捨てるといってもメーカーすべてが引き取ってくれるわけではないです。

引き取ってくれるのはパソコンの本体部分とモニター、マウスやキーボードといったもので
マニュアルなどの冊子類や、持っているフロッピーディスクといった製品は、自分自身で
処理しなくてはいけません。

自分で梱包してメーカーに送付するほか、いくつかのメーカーは運送会社が自宅まで来て
梱包も行ってくれるようです。個人情報を抜き出されたりしたら大変ですけどね。

このブログ記事について

このページは、afplink01が2013年3月 1日 21:43に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「Windows 8の信頼性グラフ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25